2010年1月10日(日) [マンガ紹介] ふじもとゆうきさん「キラメキ☆銀河町商店街」

ふじもとゆうきさん「キラメキ☆銀河町商店街」
(花とゆめコミックス 全10巻)

 大都会のはじっこ・銀河町商店街では、八百屋の娘・ミケこと三宅千乃(みやけ・ちの)と、魚屋の息子・クロこと黒須藍(くろす・あい)が、朝市名物のバトルを繰り広げる。幼なじみの2人は、そば屋のキュー、酒屋のマモル、米屋のイバちゃん、焼き鳥屋のサトたちとずっと仲間で...
 「友情」「誰かのために動くこと」「人を大切にすること」などを、まっすぐに、大切に描いた作品です。今は町の商店街がどんどんさびれていってしまっているので、「古き良き時代」を描いた作品かもしれません。
 全10巻と長いですが、夏休みで時間もあるでしょうから、ぜひ読んでみてください。