2013年5月12日(日) [子ども向け日記] H25年度前期:第3回活動日より

今回から6月まで、情報処理推進機構(IPA)が主宰する「第9回IPA情報セキュリティ標語・ポスター・4コマ漫画コンクール」に応募する、ポスター・4コマ漫画作品を描くことになりました。
○コンクール公式サイト http://www.ipa.go.jp/security/event/hyogo/2013/

130512-1.jpg「情報セキュリティの漫画を描く」と言っても難しいので、日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)の「インターネット安全教室」の子ども向け教材を配って、参考に見てもらいました。
○インターネット安全教室公式サイト http://www.net-anzen.go.jp/

130512-2.jpg山上先生の説明。4コママンガのプロットとキャラクターを考えます。
よく言われる手法ですが、「起承転結」を4コマに割り振って考えます。

130512-3.jpg山上先生が考えたキャラクターの例「ウイルスちゃん」。
悪役だけどかわいい...。

130512-4.jpgシナリオ・キャラクター設定用紙を使って、ストーリーとキャラクターを考えて描きます。

130512-5.jpg130512-6.jpgシナリオ・キャラクター設定ができた所で、山上先生にチェックしてもらいます。

130512-7.jpgシナリオ・キャラクター設定が描けたら、原稿用紙に4コマを割って下描きします。